【竹富島観光】カイジ浜で星の砂を発見

2020年10月19日

竹富島のカイジ浜(星砂浜)まで自転車で行き星の砂をゲットしました!!

石垣島に行くたびに必ず訪れる竹富島。

石垣島から高速フェリーで約10分もすると竹富島に到着します。

石垣島から竹富島フェリーでの行き方についてはこちら↓↓↓

竹富島は石垣島とは全く違った空気が流れています。


道を歩いているとブーゲンビリアに目を奪われます。

また水牛車がすぐそばを通って行ったり、非日常空間を味わえるのが私の心を掴んで離さないところだと思います。

スポンサーリンク

【竹富島観光 】カイジ浜で星の砂を発見!!

カイジ浜入口に露店?がありそこで星の砂などを売っています。

星の砂があると聞いて自分たちで探してもなかなか見つからず。

そこへ団体客が現れました。

ガイドさんが大きな声で星砂の探し方を説明していたので耳をダンボにしていたら・・・

ガイドさん

砂の色が変わっている所に手の平を押し付けて下さい。


試してみると・・・

ほんまや!!
星の砂発見!!


自分たちで見つける事が出来たのでテンションが上がりました♪

少しですが自分たちのお土産に持ち帰りました。

星の砂

星の砂は原生生物である有孔虫の殻である。生きている有孔虫の殻内は原形質で満たされているが、有孔虫が死ぬと有機質である原形質が分解され、丈夫な殻のみが残存して堆積する。殻の形態が星や太陽を思わせる幾何学的な形状であるため、生物学的な研究対象としてのみならず、鑑賞の対象としても広く愛好されている。

有孔虫は単細胞生物としては大型の部類に入り、星の砂以外にも絶滅種のフズリナ貨幣石に代表されるように、しばしば肉眼的な大きさとなる。今と同じような星の砂の構成種となる有孔虫は鮮新世(500〜160万年前)ごろから出現しており[1]、従って星の砂には現生の有孔虫の殻と共に、数万年前のもの(化石)が混入している場合もある。

wikipediaより

もし私たちが見つけた星の砂が数万年前のものだったら・・・と考えるとワクワクします♪

【竹富島観光】カイジ浜は子どもにも大人気!!

春休み期間でも太陽が容赦なく照りつける八重山諸島。

カイジ浜は他のビーチよりも日影があるので、お昼寝にうってつけです!!

シートを持ってここで横になると波の音にすぐにウトウトしてしまいます。

カイジ浜には手作りのブランコ?などがあり、まる子はカイジ浜がお気に入りです。

このブランコに乗ってブラブラするのが大好きです。

お昼を過ぎると人が多くなって来るので、お昼寝・ブランコを堪能したい方は午前中にカイジ浜に来ることをオススメします。

カイジ浜とつながっているコンドイビーチでは幻の島発見?についてはこちら↓↓↓

石垣島ドリーム観光 は、竹富島で水牛車ツアーや竹富島・西表島・由布島・小浜島などへの3島、または4島めぐりのツアーを扱っています。

無印良品推奨のフォトブックBONに竹富島での思い出を残しませんか?↓↓↓

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けますと励みになります。