【高野山】世界遺産きっぷでパワースポット奥の院へ

2022年10月4日

パワースポット高野山奥の院へは大阪から南海電鉄の高野山・世界遺産きっぷを使って行ってきました。

高野山は外国からのお客さまもたくさんいらしてたよ。

【南海電鉄】高野山・世界遺産きっぷを使った行きかた

今回、南海電鉄からお得な高野山・世界遺産きっぷが発売されているのでなんばの2F窓口で当日購入。(※クレジットカードも使えます。)

南海電鉄HPより

なんば駅→高野山

通常(急行なら約1時間50分かかります)
大人:3,440円→ 2,860 円(小児 1,440円)

こうや往路(片道)特急券付き(約1時間半かかります)
大人:4,220円→ 3,400 円(小児 1,710円)←※最新の料金は南海電鉄HPでご確認下さい。
※こうや特急券は、往路片道のみです。

なんば→(南海電鉄特急か急行)→極楽橋→(高野山ケーブル)→高野山


極楽橋でケーブルカーに乗り換えますが、その道中に涼を感じさせる風鈴が♪

最近、風鈴を見なくなりましたが、これだけの風鈴があると目から涼しいと感じられます♪

お盆の時期だったから人が多くて、ケーブルカーも、バスも臨時でいっぱい出ていたみたいです。

【高野山】パワースポット奥の院への行きかた

南海電鉄HPより

まず高野山からバスで奥の院前まで行きます。(奥の院に行くのに一番近いバス停)

そこから歩いて奥の院まで行きます。

大阪とは違って半袖で過ごしやすいちょうどいい気温♪

その道中に織田信長、豊臣秀吉など有名な武将のお墓がありました 。

水向け地蔵さまの前を通り過ぎたらいよいよ御廟橋。

水向け地蔵

御廟橋から先は聖域の為写真撮影禁止です。

御廟橋

御廟橋を渡って左手に御堂があります。

そこに弥勒石(みろくいし)があり、片手で持ち上げられると願いが叶うらしいですが、重くて持ち上げられず。

この石めっちゃ重いわ~。

旦那さん

罪が重い人は重~く感じるらしいで♪

旦那さんの嫌味はスルーして燈籠堂へ。

白河上皇が献じた白河灯は1000年以上も燃え続けているらしい。

1000年って想像つかんわ〜

そしていよいよ弘法大師御廟へ。

ここでは弘法大師空海が今もなお瞑想を続けていらっしゃると言われているところ。地下に入って行くと、より一層空気がヒンヤリとしています。

目を凝らして弘法大師がいると思われるところを見ると、そこにいらっしゃるような気がして自然と背筋が伸びます。

帰りは歩いて戻って行きます。


その中で毎回のぞいている姿見の井戸。

姿見の井戸

この井戸を覗き込んで自分の顔が映らなかったら3年以内に死ぬって怖っ。


旦那さんとまる子は平気で覗くけど私は無理!!

もし映ってなかったらショックやもん(汗)

高野山から帰るころには気持ちがクリアになる感じ???

高野山に行くと心が整うのかな。

高野山から大阪に戻るとまたすぐ行きたくなるのは高野山あるあるなのかな。

最後までご覧いただきありがとうございます。最新の美味しいものはこちら↓↓↓


人気ブログランキング